ハンセン病元患者家族、首相おわびの言葉に「心にしみた」

産経ニュース / 2019年7月24日 12時25分

ハンセン病元患者家族の損害賠償請求訴訟をめぐり、原告団の家族と安倍晋三首相との面会が24日、実現した。首相のおわびの言葉を涙ながらに聞いた家族たちは記者会見で「心にしみた」と口々に語った。首相に「差別に耐えて生きてきた」と直接訴えた原告団長の林力(はやし・ちから)さん(94)=福岡市=は「何よりも首相に直接声を聞いてもらった。今までになかったこと」と述べた。首相は林さんら6人の代表者以外の原告とも1人1人握手を交わした。副団長の黄光男(ファン・グァンナム)さん(63)=兵庫県尼崎市=は「貴重な一日になった」。奥晴海さん(72)=鹿児島県奄美市=は「ここまで来られたという思いでいっぱい」と感慨深…

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング