保護した男性を裸にさせる 留置管理課長を停職処分 千葉県警

産経ニュース / 2019年8月23日 15時40分

千葉県警監察官室は23日、保護した男性を裸にさせるなどの不適切な行為をしたとして、当時、県警流山署の留置管理課長だった男性警部(56)を停職6月、監督責任があったとして同署長の男性警視(59)を本部長注意の懲戒処分にしたと発表した。処分は同日付。警部は同日、依願退職した。県警は同日付で警部を特別公務員暴行陵虐の疑いで千葉地検に書類送検。調べに対し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング