愛知県内の東名高速道路で乗用車が後続のワゴン車にあおられた上、エアガンのようなものを発射された事件で、神戸や京都市内でも同様の事件が複数発生していたことが12日、捜査関係者への取材で分かった。高速道路では車が狙われ、一般道では歩行者が標的にされた。犯行に用いた車の特徴は愛知の事件と似ており、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング