千葉県内の大規模停電で通電火災 復旧時「水ぬれ家電は使わない」 

産経ニュース / 2019年9月17日 23時46分

千葉県内の大規模停電では、復旧時に電気製品やブレーカー周辺などから出火する「通電火災」が相次いでいるが、実は今回のような風水害での発生は「特異なケース」(消防関係者)とされる。通電火災は、地震などで停止した電力の復旧時に頻発する。例えば、倒れた電気ストーブやアイロンが洗濯物などの可燃物に触れたまま通電した場合などに出火。阪神大震災では原因が判明した神戸市での建物火災55件のうち、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング