さいたまの小4男児殺害、逮捕の父親「見つからないようにするため」供述

産経ニュース / 2019年9月19日 20時50分

さいたま市見沼区大谷の集合住宅敷地内で18日未明、住人の市立大谷小4年、進藤遼佑君(9)が殺害されているのが見つかった事件で、埼玉県警が死体遺棄容疑で逮捕した進藤君の父親(32)が、調べに容疑を認め、「見つからないようにするため(遺棄した)」と供述していることが19日、捜査関係者への取材で分かった。捜査関係者によると、父親は17日夕方、進藤君の遺体を自宅向かいの空き部屋前のメーターボックス(縦約180センチ、横約60センチ、奥行き約40センチ)に遺棄した疑いが持たれている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング