【台風19号】水あふれ決壊までわずかな時間…振り返る恐怖「もうだめかと」

産経ニュース / 2019年10月14日 12時40分

台風19号がもたらした大雨で千曲川の堤防が決壊し、濁流が街を飲み込んだ長野市北部。堤防から水があふれ出してから決壊までわずかな時間だったと証言する住民もいる。「もうダメかもしれないと思った」。住民は恐怖を振り返った。(吉原実)浸水の被害が激しい長野市穂保地区。14日には一部で水が引き、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング