【台風19号】畑を覆う一面の稲わら 収穫直前の大豆は絶望

産経ニュース / 2019年10月16日 22時45分

「もう、大豆はだめだぁ」。台風19号の大雨で山形県川西町館の農家、奥村昭則さん(61)の約5アールの大豆畑が冠水。畑は流されてきた稲わらに覆われた。16日には大豆の収穫の予定だったが、手がつけられない状態だった。大豆畑を覆った稲わらは、肥料にするため近隣の農家が約200メートル離れた田んぼに残しておいたもの。大雨で近くを流れる犬川と黒川が氾濫し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング