恩赦は被害者に配慮、軽微な犯罪での罰金刑に限定 

産経ニュース / 2019年10月18日 15時26分

天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に合わせて実施が決まった政令恩赦は、有罪判決が無効になる「大赦」や「減刑」は行われず、軽微な犯罪で罰金刑を受けた人に限定された。過去の政令恩赦に比べ、小規模で抑制的になった。現行憲法下で実施された政令恩赦や特別基準恩赦は、終戦と日本国憲法公布(昭和22年)や国際連合加盟(31年)、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング