最高裁の保管金システムに不具合 裁判事務に「支障なし」

産経ニュース / 2019年10月24日 12時40分

最高裁は24日、保釈保証金や入札保証金などを管理する保管金事務処理システムに不具合が生じていると明らかにした。システムは全国の裁判所で使われている。原因は調査中で、復旧の見通しは立っていない。最高裁によると、システム障害は21日朝に発生。システムを使って保釈保証金を返還する場合、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング