マンション開発余波…町工場が廃業危機に 兵庫・尼崎

産経ニュース / 2019年11月18日 20時45分

戦後日本の経済発展を半世紀以上陰で支えてきた兵庫県尼崎市の町工場が、大規模マンション建設の余波で廃業の危機にひんしている。昨春届いた固定資産税の課税明細書で、一帯の土地区分が工業地区から住宅地区に変更され、税の評価額が従来の3倍に膨れ上がっていたのだ。産業構造の変化で一時は低迷した尼崎も近年はマンション開発で再び活気づいているが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング