データ消去企業の社長辞任へ 再発防止施策完了後

産経ニュース / 2019年12月9日 15時45分

神奈川県の行政文書を保存したハードディスク(HDD)がインターネットオークションで売られ、個人の納税情報などが流出した問題で、廃棄を請け負った「ブロードリンク」(東京都中央区)が9日、東京都内で会見し、榊彰一社長が再発防止策の完了後、辞任する意向を示した。同社は営業活動を1カ月間停止する。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング