教師から「逃走犯と一緒」、不登校に 京都の中学 

産経ニュース / 2019年12月10日 20時45分

京都府八幡市の市立中2年の男子生徒(14)が今年7月、教諭から恫喝(どうかつ)されたとして不登校になっていることが10日、分かった。男子生徒は市に約280万円の損害賠償を求めて京都地裁に提訴。八幡市教育委員会は「係争中のためコメントを差し控える」としている。訴状によると、7月4日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング