相模原45人殺傷、犯行直前の行動明らかに 会食の予定前倒し「時がきたんだよ」 第7回公判

産経ニュース / 2020年1月21日 19時35分

相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で平成28年、入所者45人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた元職員、植松聖被告(30)の裁判員裁判の第7回公判が21日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で開かれた。2日目の弁護側の証拠調べが行われた当日は、事件の数時間前に植松被告と会っていた知人らの調書などが読み上げられ、犯行直前の植松被告の行動の詳細が明らかになった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング