千葉女児虐待死1年で知事 「命を救えなかったことを重く受け止める」

産経ニュース / 2020年1月23日 15時36分

千葉県の森田健作知事は23日の定例記者会見で、同県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が虐待死した事件から24日で1年となることに触れ、「守れるべき命を救えなかったことを改めて重く受け止め、さまざまな改革を進めていく」と話した。県によると、24日は担当の児童家庭課で全職員が午前8時半の始業時に心愛さんの冥福を祈り、黙祷(もくとう)をささげる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング