離婚前の生活費「婚姻費用」請求、離婚しても効力失わず 最高裁が初判断

産経ニュース / 2020年1月27日 17時50分

別居するなどして夫婦の一方が毎月の生活費について「婚姻費用」として請求を申し立てた場合、離婚成立後も請求の効力があるのかが争われた裁判で、最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)は「当事者が離婚したとしても婚姻費用分担の請求権は消滅しない」との初判断を示した。決定は23日付。5裁判官全員一致の結論。夫婦が別居しても離婚成立までは互いに扶養義務がある。収入の少ない方が配偶者に対し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング