遺体の傷は20カ所以上 社長の遺体遺棄 防犯カメラの不審車両で容疑者特定

産経ニュース / 2020年1月28日 12時5分

大阪市内の塗装会社の男性社長が今月22日から行方不明となっていた事件で、大阪府警捜査1課は兵庫県西宮市内で見つかった遺体を男性社長と特定。27日夜、死体遺棄容疑で大阪市住之江区の塗装業、国本有樹容疑者(34)を逮捕した。遺体の顔や胸などの上半身には刺し傷や切り傷が20カ所以上あり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング