女児死亡6300万円賠償命令 保育施設側と宇都宮市に

産経ニュース / 2020年6月3日 18時45分

宇都宮市の認可外保育施設「といず」で平成26年7月、当時生後9カ月の山口愛美利(えみり)ちゃんが死亡したのは施設と市に問題があったからだとして、両親が運営会社と市に計約1億1400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が3日、宇都宮地裁であった。伊良原恵吾裁判長は運営会社や市などの責任を認め、計約6300万円の支払いを命じた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング