逸失利益、定期払いが可能 最高裁初判断 保険実務に影響も

産経ニュース / 2020年7月9日 20時15分

交通事故で重い障害を負わなければ将来得られたはずの収入「逸失(いっしつ)利益」の賠償方法について争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(小池裕裁判長)は9日、被害者が求めれば定期的な支払いも認められるとの初判断を示した。定期払いを認めた2審札幌高裁判決が確定した。裁判官全員一致の結論。保険実務では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング