手術後の患者にわいせつ 医師に逆転有罪 東京高裁

産経ニュース / 2020年7月13日 14時25分

手術後の女性患者の胸をなめるなどしたとして、準強制わいせつ罪に問われた男性医師(44)の控訴審判決公判が13日、東京高裁で開かれた。高裁は、無罪とした1審東京地裁判決を破棄、懲役2年の逆転有罪判決を言い渡した。地裁は昨年2月、女性は麻酔による「せん妄」に伴った幻覚を体験した可能性があり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング