夏が来ない…仙台は28日連続降雨 農作物への影響懸念

産経ニュース / 2017年8月19日 11時7分

例年より遅く、やっと今月2日に梅雨明けしたはずの東北地方だが、雨続きで肌寒い日が続いている。仙台管区気象台管内の8月上旬の平均気温は平年より低く、日照時間は平年の2割程度しかない状況だ。涼しさが魅力の東北だが、まるで夏がやって来ないような事態とあって、農作物への影響も懸念されている。(大渡美咲)仙台管区気象台によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング