【書評】批評家、西村幸祐が読む『誰が第二次世界大戦を起こしたのか』渡辺惣樹著 米大統領の不本意

産経ニュース / 2017年8月20日 8時12分

■米為政者にタブーの歴史観ここ数年待ち望まれていた翻訳書がついに刊行された。米31代大統領、ハーバート・フーバーの回顧録『裏切られた自由』(上巻)の邦訳である。その翻訳を行った近代史研究家の著者による『裏切られた自由』の解説本が本書。2011年に米国で出版された、この回顧録のエッセンスと読み解く鍵が、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング