【第29回産経志塾】「戦争」「外交」「教育」…中国は日本を3回「食べ尽くす」 朝韓と関係悪化で日本に頼るしかない 産経新聞外信部次長、元北京特派員・矢板明夫氏

産経ニュース / 2017年10月17日 9時2分

習近平政権は李克強首相とのツートップの確執が激化している。習氏は経済に対する党の主導を強化し、国有企業を重視して権力を集中させようとしているのに対し、李氏は規制緩和を通じて内需を拡大させ、民間の力を活用したいと考えて対立している。2016年に経済成長率6・5〜7%という微妙な目標値が設定された。習氏は高い目標を掲げたいが具体的な経済政策を担う李氏は反対し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング