JR東労組の脱退者3万2千人に増加か スト予告で組合員反発、事態収拾図るも7割減少

産経ニュース / 2018年5月25日 7時12分

今春闘でストライキ権行使を一時予告したJR東日本の最大労働組合「東日本旅客鉄道労働組合(JR東労組)」の組合員数について、5月1日までの3カ月間に約3万2千人が脱退したとみられることが24日、同社への取材で分かった。JR東労組はトップへの制裁を決定して事態の収拾を図ったが、4月1日時点の推定脱退者数約2万9千人から、さらに増加した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング