【将棋・叡王戦】第4局 高見泰地六段が4連勝で初タイトル 

産経ニュース / 2018年5月26日 20時57分

今期からタイトル戦に昇格した将棋の第3期叡王戦決勝七番勝負(ドワンゴ主催)の第4局が26日、群馬県富岡市の富岡製糸場で指され、先手の高見泰地六段(24)が147手で金井恒太六段(32)に勝ち、4連勝で初タイトルとなる叡王を獲得した。高見新叡王は横浜市出身。石田和雄九段門下で、平成23年にプロ入り。タイトル戦初登場で初タイトルを獲得、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング