給食に金属片 食べる前に気づく 山形の小学校で

産経ニュース / 2018年6月8日 19時2分

山形県中山町教育委員会は8日、町立豊田小学校で6日に提供された給食に、U字型の針金状金属片(長さ3~4センチ、太さ1ミリ)が混入していたと発表した。児童が食べる前に気づいたため、けがなどはなかった。町教委によると、同小の給食は県学校給食会を通して町外の業者に委託しているが、原因が究明されるまで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング