世界的な彫刻家、流政之氏死去 95歳

産経ニュース / 2018年7月17日 9時57分

“サムライアーティスト”として知られる世界的な彫刻家、流政之(ながれ・まさゆき)氏が7日に老衰のため死去したことが17日分かった。95歳だった。1923年、長崎県生まれ。立命館大学を中退後、海軍予備学生出身の零戦パイロットとして終戦を迎えた。戦後、全国を放浪し独学で彫刻を学んだ。55年、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング