台風12号、「寒冷渦」で異例の“逆”コースに 東側から列島横断か 

産経ニュース / 2018年7月27日 21時47分

日本の南の海上を北に進み、28日にも列島を直撃する恐れのある台風12号。通常、台風は列島近くの上空を西から東に吹く偏西風などの影響を受け、東寄りに進むケースが多い。だが、台風12号は日本の南に入り込んできた「寒(かん)冷(れい)渦(うず)」と呼ばれる空気の渦の影響で、西寄りに進む異例の進路をとることが予想される。山沿いでは通常と異なる方角で雨が強まる恐れもある。日本に接近する台風は発生後、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング