遺骨収集、112万柱なお現地に

産経ニュース / 2018年8月14日 21時22分

先の大戦での戦没者は軍人・軍属約230万人、一般国民約80万人の計約310万人。そのうち海外や沖縄などでの戦没者は計約240万人いる。今年7月末現在で、半数近い約112万柱の遺骨が現地に取り残されたままになっており、戦後73年を経ても収集が思うようにいかない現状がある。厚生労働省によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング