厚生労働、文部科学両省は14日、共働きやひとり親家庭の小学生が利用する「放課後児童クラブ」(学童保育)の定員について、平成31~35年度の5年間で30万人分拡大し、計152万人分とすることなどを盛り込んだ新プランを公表した。放課後児童クラブは昨年5月時点で全国に約2万5千カ所あり、約117万人が利用。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング