「大きなハードル越えた」「地表の景色見たい」 はやぶさ2チーム、小型ロボット投下で会見

産経ニュース / 2018年9月21日 20時22分

「大きなハードルを越えた」。探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」に向けて小型ロボットを投下した21日、管制室がある宇宙航空研究開発機構(JAXA)の相模原キャンパスでは、チーム関係者が会見し心境を語った。はやぶさ2は同日午後1時6分に小型ロボットを予定通り分離。チームを統括する津田雄一プロジェクトマネージャが同35分、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング