キログラムの定義130年ぶり改定 重りから原子に 日本の技術、初の貢献

産経ニュース / 2018年11月16日 21時42分

質量の単位「キログラム」の定義が130年ぶりに改定されることが16日、フランスで開催された国際会議「国際度量衡総会」で決まった。これまでは金属製の重りを基準としていたが、原子の質量から計算する精度の高い方式に改める。来年5月20日に施行される。質量の基準は1889年から「国際キログラム原器」と呼ばれる重りが使われてきたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング