無断キャンセル防止に初指針 経営圧迫、損害は年2千億円

産経ニュース / 2018年12月12日 17時42分

飲食店の予約をしたにもかかわらず、連絡せずにほごにする「無断キャンセル」が後を絶たず、店側の経営を圧迫していることなどから、業界団体が初めて対応策を示した指針をまとめた。弁護士らが監修、全額請求できるケースなどを紹介している。指針に法的拘束力はなく、劇的な改善は見込めない可能性もあるが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング