竜王戦第6局、羽生竜王敗れる、大記録は最終局に持ち越し

産経ニュース / 2018年12月13日 13時12分

将棋の第31期竜王戦七番勝負の第6局が12、13の両日、鹿児島県指宿(いぶすき)市で指され、先手で挑戦者の広瀬章人(あきひと)八段(31)が羽生善治竜王(48)を破り、対戦成績を3勝3敗のタイに戻した。20、21の両日、山口県下関市で行われる最終第7局で、羽生竜王が勝って防衛すればタイトル獲得通算100期の記録達成となるが、敗れれば27年ぶりの無冠となる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング