「平成最後」「肩身狭さ」に悲哀 サラリーマン川柳100選 主な作品付き

産経ニュース / 2019年1月22日 11時27分

「ジュエリーを平成最後とねだる妻」-。第一生命保険は22日、恒例の「サラリーマン川柳」の入選作100句を発表した。平成の終わりを意識した句のほか、職場で進む働き方改革や家庭での肩身の狭さといった会社員の悲哀を描いた作品が集まった。企業では残業の削減やオフィス以外でも働ける取り組みが進んでいるが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング