囲碁の仲邑菫初段、史上最年少の公式戦始まる

産経ニュース / 2019年4月22日 15時7分

1日付で囲碁の史上最年少プロとなった仲邑菫(なかむら・すみれ)初段(10)の公式戦デビュー戦が22日、大阪市北区の日本棋院関西総本部で始まった。竜星戦予選Bで、相手は同じ日にプロ入りした同期の大森らん初段(16)。仲邑初段の10歳1カ月での公式戦初対局は最年少記録で、勝てば、藤沢里菜女流名人(20)の11歳8カ月の最年少勝利記録も更新する。この日の仲邑初段のデビュー戦には、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング