クジラの死骸を鎌倉と横須賀で相次ぎ発見

産経ニュース / 2019年5月22日 18時17分

22日午前6時ごろ、神奈川県横須賀市長沢の北下浦海岸で、クジラ1頭の死骸が打ち上げられているのを通行人の男性が発見し、110番通報した。調査の結果、死骸はザトウクジラとみられ、体長約5・7メートル。性別や死因は不明。21日午後4時すぎには、同県鎌倉市の材木座海岸でもザトウクジラの雄とみられるクジラ1頭の死骸が漂着しているのが見つかっており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング