写真

百田尚樹氏(永田直也撮影)

作家の百田尚樹さん(63)が12日、自身のツイッターに「書きたいものはあらかた書いた。悔いはない」などと記し、最新作となる「夏の騎士」を最後に小説家を引退する意向を明らかにした。百田さんは同日に更新したツイッターで「デビュー以来13年間で14冊の小説を書いてきた。『夏の騎士』は15冊目で約3年ぶりの小説。私の最後の作品として満足いくものになった」と「夏の騎士」の執筆過程をを回想。その上で「出版界、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング