【トップバイヤーの男前研究所】ゆかたを誂えて快適な夏

産経ニュース / 2019年6月26日 13時2分

■花柄、金魚柄で個性的に梅雨が明けると、いよいよ夏本番。花火大会やお祭りなどのイベントでは、浴衣を着ると気分が盛り上がりますね。きちんと採寸してつくる誂(あつら)え物なら着崩れもしにくく、個性的な柄で周囲と差を付けることができます。◆気取らず着られる浴衣は江戸時代、庶民が湯上がりに着ていたともいわれ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング