「深海魚は地震の前兆」は迷信 東海大調査

産経ニュース / 2019年6月26日 19時2分

普段は姿を見せない深海魚が海岸に漂着したり、漁網にかかったりして出現すると大きな地震が起きるという言い伝えは、統計的にみて迷信だと断定する研究結果を東海大と静岡県立大の研究チームが論文にまとめ、26日発表した。この言い伝えは、1743年に刊行された江戸時代の奇談集「諸国里人(りじん)談」にも記録されており、古くからよく知られている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング