ジャニーズ事務所注意 芸能界全体で見直す契機に

産経ニュース / 2019年7月17日 22時52分

ジャニーズ事務所から独立した人気グループ「SMAP」の元メンバー3人を出演させないよう、同事務所が民放テレビ局などに圧力をかけた疑いがあることが17日、関係者への取材で分かった。独占禁止法は、芸能活動に必要な契約の成立を阻止するなどして不当に取引を妨害する行為を禁じているが、芸能人の移籍をめぐり芸能事務所が公正取引委員会から注意を受けた例はなかった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング