昭和天皇、憲法改正・再軍備に言及 初代宮内庁長官の新資料

産経ニュース / 2019年8月19日 14時47分

初代宮内庁長官を務めた田島道治(みちじ)氏が昭和24~28年、昭和天皇との詳細な面会内容を書き留めた記録が存在することが19日、明らかになった。記録では、昭和天皇が当時、再軍備と憲法改正の必要性に言及していた一方、国民に対して先の大戦への「悔恨(かいこん)」や「反省」を表明したいとする考えも示していた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング