「ハイパーカミオカンデ」建設へ 素粒子ニュートリノ観測装置

産経ニュース / 2019年8月21日 12時52分

文部科学省は21日、素粒子ニュートリノを捉えて宇宙誕生の謎の解明を目指す次世代観測装置「ハイパーカミオカンデ」を岐阜県飛騨市神岡町に建設する方針を固めた。来年度予算の概算要求に事業費を盛り込み、2026年度末までの完成を目指す。ハイパーカミオカンデは小柴昌俊・東京大特別栄誉教授、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング