「文藝」創刊号以来86年ぶり異例の3刷 韓国文学に集まる注目

産経ニュース / 2019年8月22日 6時17分

日韓関係が冷え込む中、日韓の作家の短編競作や対談などを掲載した河出書房新社の季刊文芸誌「文藝2019年秋号」が昭和8年の創刊号以来86年ぶりに2度の緊急増刷をした。同号では「韓国・フェミニズム・日本」を特集。韓国文学界で注目が集まるフェミニズムに焦点を当て、日本文学とのつながりを探っている。韓国文学ブームやフェミニズムへの関心の高まりがヒットの背景にあるとみられる。SNSを中心に発売前から話題が集まり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング