「即位の礼」進む国際化 「日本の国柄」示す好機に

産経ニュース / 2019年10月21日 21時32分

古代からの皇室の歴史を今に伝える重要儀式「即位礼正殿の儀」。朝廷で長く受け継がれてきた形式は、明治以降の近代化で伝統を守りつつも、西洋の王室儀礼を取り入れるなどした結果、現在の形になった。日本と外交関係を結ぶ国家も増えるのに伴い、参列する国もさらに増加。令和の儀式は過去にない規模の国際的な行事となる。「科学技術立国の日本が長い伝統を大切にしているあり方は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング