「饗宴の儀」簡素化、ご負担軽減

産経ニュース / 2019年10月22日 21時27分

22日に始まった一連の儀式のうち、天皇陛下が国内外の賓客から祝福を受け、飲食を共にされる国事行為「饗宴(きょうえん)の儀」は、皇族方のご負担軽減や儀式の簡素化のため、平成時より規模が縮小された。特に病気療養中の皇后さまのご体調を考慮した形となった。饗宴の儀は22日を含め計4回開かれるが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング