山形・鶴岡の沖合で漂流船発見 船首にハングル

産経ニュース / 2019年11月13日 13時42分

山形県鶴岡市の沖合で木造船が漂流していると13日午前8時半ごろ、近くを航行するプレジャーボートから酒田海上保安部に連絡があった。乗組員などは確認されていない。酒田海保によると、木造船は、鶴岡市鼠ケ関の北西の沖合約10キロの海上で、船首部にはハングルの記載が見られるという。海上保安庁仙台航空基地から航空機が出動し確認したところ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング