【歴史の転換点から】大獄に死す-松陰と左内の「奇跡」(4)本当に彼は刑死前に泣いたのか

産経ニュース / 2019年11月22日 10時2分

〈斬首役人が白刃を抜き、左内の背後へ廻って、/「よろしいか」/と声をかけた。すると左内が突然、/「しばらく待て-」/と制した。/そして、ああ…じつに左内は、双手で面を蔽(おお)いながら流泪(るるい)滂沱(ぼうだ)として泣いたのである〉山本周五郎が描いた「左内死す」の瞬間国民作家、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング