【ノーベル賞’19】「最高の1日だった」吉野さんが一夜明け会見

産経ニュース / 2019年12月11日 23時17分

【ストックホルム=桑村大】ノーベル賞授賞式から一夜明けた11日午前(日本時間同日夜)、化学賞を受賞した吉野彰・旭化成名誉フェロー(71)はストックホルム市内のホテルで「最高の一日だった」と喜びを語った。朝から忙しい一日を過ごした昨日とは一転、リラックスした様子の吉野さん。未明に滞在先のホテルに戻った後もホテル内で同僚と祝杯を挙げたと明かした。リチウムイオン電池がノーベル賞を受賞したことについて、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング