日教組、進む現実路線 加入率低下で危機感も

産経ニュース / 2020年1月27日 6時2分

広島市で開かれていた日本教職員組合の第69次教育研究全国集会(教研集会)は26日、「全ての子供たちの最善の利益が保障される社会の実現を」とのアピールを出して閉幕した。3日間にわたり発表された授業例などのリポートは計621本。政治色を強くにじませた報告も一部でみられた。ただし日教組全体としては近年、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング