DIY型賃貸で“自分の城” 国推奨の空き家対策 昭和アパートを快適今風に

産経ニュース / 2017年11月25日 9時6分

クギ1本打てなかったアパートが大変身。壁紙やペンキ、タイル、棚などを使って、部屋を自由に改装(リノベーション)できるDIY型賃貸住宅が広がっている。「借家でも自分らしい住まい」を求める今時のニーズに応える一方、大家側にとってもリフォーム負担が低減されたり、長期安定契約が望めたりするなど双方にメリットのある新たな賃貸借のかたちだ。集合住宅の“スラム化”問題が年々深刻化する中、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング